大阪 堺市のリフォームのことなら稲商へ

不動産のことなら、リノヴェックへ!!【ドローン撮影】始めました!
当社では、従業員全員が予防接種(風疹・麻疹・インフルエンザ)をしております!

不動産仲介とリフォームのワンストップサービスをご提供します

大阪 堺市の中古住宅のことならリノヴェックへ

HOME 会社概要 無料見積り ご相談・お問合せ
HOME > スタッフブログ

ブログ記事

カレンダー

←Prev Next→
2019/04
1  2  3  4  5  6  
7  8  9  10  11  12  13  
14  15  16  17  18  19  20  
21  22  23  24  25  26  27  
28  29  30  

カテゴリ

最新の記事

ご案内可能な物件件数

ご来店公開
HP一般公開

無料会員登録

ご来店でプレゼント

売却の相談

住宅ローンシミュレーション

スタッフ紹介

スタッフBLOG

LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)優良店認定

リフォームローン

現在の金利

金利

facebook

twitter

twitter

twitter



LIFULL HOME'Sリフォーム加盟店

 

Staff BLOGスタッフブログ

建て方/松原

新築住宅の建て方(上棟)にもいろいろな

方法があります。

 

まずは超一般的な、木軸在来工法。

昨日、上棟しました堺区のK様邸。

 

 

基礎の上に土台を敷いて、柱を立てて、梁をかけて

床下地合板を敷いて、柱を立てて、梁をかけて

母屋組みを組んで、屋根下地をして完成です。

 

次は、ツーバイフォー工法。

現在建て方中の、グランヴェルタ堺・三国ヶ丘現場。

三井ホームさんとコラボの物件です。

 

 

木軸在来工法と絶対的に違うのが、

ツーバイフォーの場合は、パネルの組み合わせで

構造を作っていくので、柱がありません。

柱がなくて大丈夫なの?っと思われると

思いますが、実は強いんです。

耐震等級3が、取れるんです。

 

弊社は木耐協(日本木造住宅耐震補強事業者協同組合)に

加盟しておりますが、その木耐協では、ツーバイフォー工法の

住宅は、耐震性に優れているので、耐震補強の必要が無いと

判断されており、耐震診断の対象から除外されております。

 

最後に鉄骨です。

 

現在、大工工事中の高石市加茂のT様邸。

 

 

鉄骨の柱と梁の組み合わせで、木軸在来工法と

工法は近いですがその違いは、鉄骨の場合は

木造ではできない、広い間口の間取りができると

いうところです。

 

木造の住宅では、広い間口の空間を作ろうと思うと

どこかに柱が入ったり、壁が出来たりしますが

鉄骨では、自由な空間が取れます。

ただし、施工費は木造と比較すると、お高いです。

工期もかかります。

 

三者三様で、どれもメリット・デメリットがあります。

皆さんは、どれを選ばれますか?

 

でも、RC(鉄筋コンクリート造)もありますが。

 

 

 

工事部